トップページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
滋賀森林インストラクター会ホームページへようこそ

滋賀森林インストラクター会は、滋賀を中心に多様な森の魅力を紹介し、皆様が森に親しみ、つながりを深めていただくため、各種イベントの開催や森林環境教育の講師派遣など、森に関する様々な活動をしています。当会は、平成6年4月に設立され、現在33名の会員が、県下各地で活動を展開しています。イベントに参加したい
、森で楽しみたい森で学びたい森でいやされたい森を守りたい・・・そんなときは、是非私たちに声をかけて下さい。   (青地 をクリックすると内容がみられます。)

森林インストラクターは
(社)全国森林レクリエーション協会が実施する資格試験に合格した者で、自然と森林の仕組み、森林づくりと林業、野外での活動、教育の方法安全対策のすべてについて、一定レベルの知識を有する「森の案内人」です。

お問い合わせ


代表者  会長 高橋 優
今月の一枚 (2024.01)
                            佐々木 建雄(第3代会長) 

明けましておめでとうございます。
「今月のこの一枚」を本年もよろしくお願いします。
さて、今年一年、今月のこの一枚のテーマを「祈り」としました。
元日早々能登地方を震源とする大地震が発生し、大きな被害をもたらしました。
これから新しい年が始まるその日の出来事なので、被災地の人々はもちろん、他地域の人にも大変なショックであったのは想像に難くありません。
犠牲になられた方々のご冥福と、被災された方々へお見舞いを申し上げ、少しでも早い復興をお祈りいたします。
さらには、世界平和、地球環境の保全など、人類共通の課題解決に向け、一人一人が祈り、小さな行動につながればと思います。
今年は辰年。龍はその姿から「龍に九似あり」と言われています。
角は鹿、頭は駱駝、目は鬼、体は蛇、腹は蜃(想像上の動物)、鱗は鯉、爪は鷹、掌は虎、耳は牛に似ており、長い髭をたくわえ、あごの下に1枚だけ逆さに生えた逆鱗(げきりん)がある。
龍はこの逆鱗に触れられるのが大嫌いで、触れられると激高し、触れたものを即座に殺すと言われています。
今月は龍が天上から降りてきて、世直しをしてくれることを祈りつつ、作品作りをしました。



※ 制作の裏側
龍は伝説の動物なのでこの世にいるわけはなく、いないものが空を飛ぶなどということもありません。
それでも、何とか世直しして欲しくて、ご登場願うことにしました。
雲をそれらしくと思ったのですが、なかなか技術が伴いません。
(作品データ: 水彩F4号 WIRGМAN、 絵の具 W/N )


もっと見る >