トップページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
滋賀森林インストラクター会ホームページへようこそ

滋賀森林インストラクター会は、滋賀を中心に多様な森の魅力を紹介し、皆様が森に親しみ、つながりを深めていただくため、各種イベントの開催や森林環境教育の講師派遣など、森に関する様々な活動をしています。当会は、平成6年4月に設立され、現在33名の会員が、県下各地で活動を展開しています。
森で楽しみたい森で学びたい森でいやされたい森を守りたい・・・そんなときは、是非私たちに声をかけて下さい。    (青地 をクリックすると内容がみられます。)

時候のご挨拶・今月の一枚 (2019.12) 
                                 会長 佐々木 建雄 

12月は「和 」と題して、三島池の水鳥をご紹介します。
伊吹山のふもとにある三島池は、伊吹山が逆さに写る池として、アマチュアカメラマンや絵描きの格好の題材になっています。
また、静かな水面は水鳥たちの絶好の休息場所にもなっています。
雪を戴いた伊吹の麓で、マガモの夫婦がくつろいでいる様子は、平和そのもの……。
地球上のすべての場所で、この様に平和な光景が見られるようにとの願いを込めて描きました。
今年一年、ご訪問ありがとうございました。



制作の裏側
水面に氷が張った様子を絵の具で表現するテクニックは色々あると思うのですが、ちょっと変わったおもしろい方法として、食塩を使うやり方があります。
紙面に水をたっぷり含ませ、淡いブルーをサーッと塗ります。水分が乾かないうちに、その上に食塩をパラパラとふりかけます。食塩が水分を吸収すると、紙面は複雑なまだら模様ができ、氷の表面を思わせるような景色になるというわけです。
完全に乾いたら、塩をきれいに払い落とします。
(作品データ: 透明水彩10号 アルシュ紙 中目)


もっと見る >


           

滋賀森林インストラクター会の会員になりませんか

 
滋賀森林インストラクター会(以下滋賀会と称します)は、次の要件を満たす方であれば、どなたでも入会できます。会員になって、私たちと一緒に活動しませんか?

(1)滋賀会の趣旨に賛同する滋賀県在住または滋賀県在勤、就学の森林インストラクター

(2)滋賀会の趣旨に賛同し、滋賀会活動に参加を希望する個人で会長が認めたもの

(3)年会費2000円を納入するもの


 滋賀会の趣旨に賛同するとは、滋賀会が行う次の活動に積極的に参加することを指します。
(1)会員が協力して行う森林インストラクター活動

(2)会員の知識技能向上のための研修会等

(3)会員相互の情報交換および親睦活動

(4)その他必要な活動 

 
 森林インストラクターって何?



             お問い合わせ