茶席の花 🌙

このエントリーをはてなブックマークに追加
Column 1

                                  梶谷 栄治

茶の湯の世界では、四季の移ろいを大切にした茶会が催され、茶席の花は季節そのものです。利休居士が 「花は野にあるように ・ ・ ・ 」 と教えられたように、ありのままに入れるのがいいです。  
床の花によって季節を ・ ・ ・   入れられた姿によって茶趣を ・ ・ ・
一般に知られている生花(流儀花)とは異なり、茶花はどこまでも茶花です。
客は一服のお茶を賞味しながら、亭主の心づかいと自然の息吹を感じとります。


令和元年8月
ソクズ Sambucus japvanica<別名 草接骨木>

里山の林縁部、細い溝の近くに大きな株物が、白い小花を沢山丸く集め、幾つも咲いていました。
水上げが悪いので心して水切りを。
盛夏の頃の大寄せの床、 消息など横物掛け軸 の真下に ・ ・ ・



令和元年7月
ヒルガオ Calystegia pubescens<昼顔>
ヤハズススキ Miscanthus sinensis Andersson
<矢筈芒>


日中に開き夕方にしぼむ昼顔の姿に余情残心。 
万葉集に容花(かほばな)として登場しているそうです。 
矢筈芒は初風炉から名残りまで、長い期間使われます。 
掛け花入(鮎籠)に入れました。




令和元年6月
ダッチ・アイリス(オランダアヤメ)
Iris hollandica<阿蘭陀菖蒲>

炉を閉じて席を改め早や一カ月。 
同級生から、床にでも掛けて!!  と稽古場に届いた色紙には五山派の僧による揮毫の 「 令和 」
色紙の掛かった床に アヤメ科のダッチ・アイリス(オランダアヤメ)。
西洋から園芸用として入ってきたようですが、ショウブやカキツバタより花も小さめで、清楚な姿にひかれ、手付置籠に入れました。



 

もっと見る >